【経験談あり】「日本史の受験勉強はいつから始めればいいの?」に答えます

日本史受験に関して、

「日本史は早くから勉強しないほうが良い」

という話を聞いたことがいる人は少なくないはず。そしてそんな話を聞いてしまうといつから勉強したほうが良いのか気になりませんか?

今回の内容
  • 日本史は本当に早くから勉強しないほうが良いのか
  • いつから勉強するべきなのか

この2点を皆さんに紹介しようと思います。

日本史は早くから勉強しないほうがいいの?

「日本史の受験勉強を早くからしてはいけない」という意見をよく聞きますが、私もその意見には賛成です。

というのも私自身、日本史を早くから勉強してしまい失敗した経験があるからです。

その失敗談について今から紹介します。

日本史を早くから勉強して失敗した

以下はわたしの体験談です。だれでも当てはまる話じゃないので飛ばしても構いません。

私は受験勉強を高校3年生になってはじめます。それまではほとんど勉強しておらず、どの科目も1からのスタートでした。私は昔から日本史(戦国時代)が好きで日本史の勉強には気合が入っていました。

「流れで勉強すると良い」というアドバイスのもと勉強していったのですが、その勉強がとても楽しく日本史ばかり勉強していました。毎日日本史漬け、でもそれが楽しかったのです。

夏休みのセンター模試では日本史で97点を叩き出しました。その期間は約4ヶ月。私は一般入試の勉強も同時にしていたので、一問一答もかなり覚えていました。

ただここからが苦痛の始まりです。

夏休みが終わってからは、日本史の過去問や問題集を中心に勉強し始めます。

いままで楽しく勉強してきた日本史とは違い、ただ問題に答えるだけの単純作業。これをあと6ヶ月続ける必要がありました、なぜなら日本史は忘れやすいからです。

一問一答を続けようにも単語はもう殆ど覚えており、日本史の流れもすでに掴んでいました。

モチベーションはだんだん下がり、あまり日本史を勉強しなくなりました。模試の点数は徐々に下がっていきました。

とまあここは私の体験談でしてみんなに当てはまる話じゃありませんが。

以上を要約すると、

  • 日本史は点数が上がりやすい
  • ただ忘れやすいから継続が必要

の2点が大事です。この2点から日本史は早くから勉強しないほうが良いのかについて考えていきます。

結論:日本史は早くから勉強するな

日本史は早くから勉強しないほうが良いでしょう。

さきほど、

  • 日本史は点数が上がりやすい
  • ただ忘れやすいから継続が必要

の2点が大事だと言いました。

これから察するに日本史受験は短期記憶の短期決戦が一番です。

日本史はガッツリ勉強すればすぐに点数が上がります。さらに忘れやすいから継続が必要だと書きましたが、これは忘れないための継続です。短期決戦で受験を迎えれば忘れる時間さえありません。

日本史の受験勉強はいつから始めればいいの?

じゃあ日本史の受験勉強はいつからすれば良いのでしょうか?

答えは夏休みくらいからです。

日本史受験は毎日ガッツリ勉強すれば3~4ヶ月で勉強できます(センターレベル)。さらに一般入試+過去問のことを考えると6~7ヶ月で終わらせれるでしょう。

一般入試+過去問で6~7ヶ月は勉強が遅れた人ように長めにとってあります。ギリギリに終わるのは不安という人も時間を少し長めにとっていいと思います。

あとガッツリって言葉は曖昧なので、私の勉強時間を書いておきます。

  • 平日:学校外で6時間
  • 休日:13時間

受験勉強を始めたくらいの時はこれほど長くはありませんでしたが、慣れてくるとこれくらい勉強していました。周りもこのくらい勉強している人が多かった印象なので目安になると思います。

ちなみに塾などの学習室などで勉強するのがおすすめです。(街中だと塾以外の学習室もあります。)

コツコツ勉強すれば焦らなくて済むよ

進研ゼミ高校講座

  • アプリでスキマ時間も勉強
  • 高校の授業にコミット
  • 高1からコツコツと
  • 充実したサポート

進研ゼミ高校講座の資料請求はこちら

かわず

「かわずゲーマー」管理人のかわずです。ゲームをメインに本・動画・デバイスなど様々な情報を発信していきます。

かわずをフォローする
タイトルとURLをコピーしました