鬼と戦うフリーゲーム「Onigami」レビュー

「Onigami」タイトル画面

今回は「Onigami」というフリーゲームをプレイしたのでレビューを書こうと思う。

このゲームはUnityで作られたターン制ストラテジゲームです。※英語版のみ

「Onigami」の世界とは?

別次元からポータルを使って侵攻してくる鬼とそれを予知し守備を固めている帝国の争いが舞台のゲームです。建物や水田を建設しユニットをうまく配置することで自分の城を守り、鬼のポータルを破壊することによって、帝国に広がる悪を阻止するのが目的です。

3種のユニットを駆使して敵陣を叩こう

左からサムライ・ニンジャ・ゲイシャ

「Onigami」には3種のユニットが存在し、ユニットを配置するのに3種それぞれの建物を配置する必要があります

サムライ

重要度:★ ★ ★
サムライはオールラウンダーなユニットです。生産コストも一番低く、前線で戦うことに長けています。

ニンジャ

重要度:★ ★
ニンジャは進むマスが多く遠距離攻撃が行えるユニットです。しかし攻撃力や体力はサムライよりも低いので、後ろから支援攻撃することに長けています。

ゲイシャ

重要度:★
ゲイシャは味方を回復することができるユニットです。体力はニンジャと進むマスの数はサムライと同じですが、攻撃力は全くないので最後方で支援することに長けています。

ただのターン制ストラテジゲームではない

「Onigami」ではゲームの開始時にマップの大きさを変えることができます。マップの大きさを変えると建物の設置やユニットの生産などのペース配分も変わるので、多彩な戦略がそこに生まれます。今後のアップデートでさらに建物やユニットの種類が増えるとさらなる戦略が生まれるかもしれません。

BGMとデザインがマッチした良雰囲気ゲー

中国の古風なBGMと紙のような質感のデザインが凄くマッチしていて良い雰囲気を作り出しています。そしてUIはシンプルに作られておりとても見やすく、英語がわからなくてもサクサクとゲームを進めることができます。

全体的な難易度はとても低く物足りなさを感じる人もいるかも知れません。しかしこれといった欠点はこの他に見当たらなく、あとは難易度などのコンテンツを充実度を増すだけだと思います。

まとめ

「Onigami」は中国風の良雰囲気ゲーム。まだ難易度やユニット数などのコンテンツ量は少ないがしっかりと作り込まれており、今後の展開に期待できるようなゲームだった。

かわず

「かわずゲーマー」管理人のかわずです。ゲームをメインに本・動画・デバイスなど様々な情報を発信していきます。

かわずをフォローする
タイトルとURLをコピーしました