何を持っていけばいい?「無人島」フリーゲームレビュー

今回は短編ノベルゲームの「無人島」をプレイしたのでレビューを書こうと思います。

以下のツイートはプレイ直後の私の感想です。この記事の要約とまではいきませんが、このツイートについて今から詳しく紹介していこうと思います。

あらすじ

無人島に何か1つだけ持っていくとしたら?
ふと目を覚ますと、男は無人島に漂着していたが、選んだものも漂着していた。
何があれば、あなたは生きられるでしょうか・・・。
何があれば、あなたは帰れるでしょうか・・・。
何があれば、あなたは幸せでしょうか・・・。

ノベルゲームコレクション「無人島」作品ページ

無人島に漂着した主人公はふとこんなことを考えた、

「無人島に何か1つ持っていくとしたら?」

彼は空に願い、そして1日が過ぎていく。

どんなゲーム?

「無人島」は無人島に何を持っていくかで結末が変わるノベルゲームです。

何を持っていくかはテキストボックスに入力して選びます。入力して選べるものは既に決まっており、ゲームを進めながらそのワードを見つけていきます。(何も思い浮かばない時は入力しないという手もあるよ)

ENDは4種類ありますが、隠しENDもありそうな気がします。

ワード1つ1つにおもしろい物語があるのですが、それらの物語がすべて繋がることで見えてくる無人島の謎がとても面白いので、一気にプレイしてしまいました。

「無人島」まとめ

「無人島」をプレイする前はいろんなワードを入力して様々な展開を見るゲームだと思っていました。しかしプレイしてみると人間関係に目を向けた少し不思議なゲームとなっており、そのギャップでもかなり楽しめました。

同じ制作者さんのゲームに、このゲームのシステムを踏襲している「公衆電話」という作品があるので、そちらも今度プレイしてみようと思います。


「無人島」の詳細

制作者加藤 匠
リリース日2019年8月30日
プレイ時間20分
価格無料
無人島|ノベルゲームコレクション-無料で遊べる
無人島に何か1つだけ持っていくとしたら?ふと目を覚ますと、男は無人島に漂着していたが、選んだものも漂着していた。何があれば、あなたは生きられるでしょうか・・・。何があれば、あなたは帰れるでしょうか・・・。何があれば、あなたは幸せでしょうか・・・。1プレイ5分ほど。30分もあれば大体遊び終わると思います。結末がトゥルーな...
かわず

「かわずゲーマー」管理人のかわずです。ゲームをメインに本・動画・デバイスなど様々な情報を発信していきます。

かわずをフォローする
タイトルとURLをコピーしました