良質BGMを聞きながら楽しめる「Coffee Talk」レビュー

今回はSteamで遊べる話題のインディーゲーム「Coffee Talk」のデモ版をプレイしたのでレビューを書こうと思う。

「Coffee Talk」のタイトル画面

様々な物語が集まるコーヒーショップ

エルフやサキュバスなどの多くのファンタジーの種族が人間と共に暮らす近代都市のコーヒーショップが舞台です。そのコーヒーショップにやってくる人々の悩みを聞きながら飲み物を提供していきます。セリフの選択ではなく、提供する飲み物によって物語が分岐していくのがこのゲームの特徴です。

落ち着いた雰囲気の中お客さんの話を聞くことで、ゲームをしている我々も心が癒やされるでしょう。

ゲームへの没入感が高い

細かなピクセルアートがゲームへの没入感を増している

コーヒーショップに来店する個性的なお客さんの話に加え、良質なBGM・細かなピクセルアート・心落ち着く色づかいが合わさって相乗効果を生み出しています。まだデモ版にもかかわらずこれほどの没入感を味わわせるこのゲームの完成版が出たら、一体どれほど面白いものになっているのか想像が全く付きません。

家庭用ゲーム機でもプレイ可能

Steamのデモ版で高い評価を得たこのゲームは、PlayStation4やXbox Oneでも発売されることになっています。いつごろ発売されるのかまだわかっていませんが、すでに日本語化もされているので気兼ねなく遊ぶことができます。

まとめ

「Coffee Talk」は心を癒やされたい人におすすめのゲームだった。個人的にこのゲームをプレイしたときすでに日本語化されていたのはとても驚きでした。このゲームは”Toge Productions”という会社が開発しているのですが、今後この開発元のゲームをいろいろチェックしたいなと思います。

かわず

「かわずゲーマー」管理人のかわずです。ゲームをメインに本・動画・デバイスなど様々な情報を発信していきます。

かわずをフォローする
タイトルとURLをコピーしました