最近話題になったMixerの一連の出来事について考察してみた+α

皆さんはMixerというゲーム配信プラットフォームを知っていますか?

最近ではNinjaやShroudが移行したニュースが話題になりそれで知ったよという人も多いと思います。

今回はその最近話題になったMixerへの移行に関する一連の出来事についていろいろ考察を書いていこうと思います。

今回の内容
  • Mixerへの移行に関する一連の出来事
  • Mixerに移行したことが吉と出たのか?
  • Mixerで配信するメリット
  • Mildomはどうなの?

この4つについて今から詳しく説明しようと思います。

Mixerへの移行に関する一連の出来事

まずは最近話題になったMixerの一連の出来事を振り返っていこうと思います。

Mixerへ移行したことが吉と出たのか?

Twitchtracker.comより引用及び改変

Mixerに移行してから時間が経っているNinjaを参考にして考えてみます(上記画像参照)。

Ninjaの平均同時視聴者数を見てみると、Twitchの頃と比べて1/3くらいに落ち込んでいるのが分かります。視聴時間も減りはしたものの半分くらいで留まっています。

MixerはTwitch・Youtubeと並ぶほどメジャーな配信プラットフォームではまだ無いのでこの結果は予想していたとおりになっています。

もちろん彼らは大金を受け取ったという理由だけでなく配信者としての特別な思いからもMixerを選んだのでしょうから、必ずしもこの状態が芳しくないという訳ではないと思いますが、数値的に見れば吉とは言えないでしょう。

ただ長期的に見ればNinjaやShroudがMixerへ移行したことは吉と出るかもしれません。というのもこれからMixerは右肩上がりで伸びていくと私は予想しているからです。

その理由としては以下があります。

  • 他の大手配信者の獲得
  • クラウドサービスとの連携
  • 次世代Xbox(Project Scarlett)
  • eスポーツ配信サイトとして独自の立ち位置

このような可能性をMixerは持っています。特に”他の大手配信者の獲得”に関してはまだ動きがあるかもしれないので注目していきたいです。

ただこれだけでは成功しないのもまた事実としてあります。下記はMixerがいま抱えている問題の一部です。

  • 配信者が増えても視聴者が増えない
  • まだ未完成な機能が多い(クリップなど)
Twitchtracker.comより引用及び改変
スポンサーリンク

Mixerで配信するメリット

既に他の配信プラットフォームで有名な人や今から配信を始めてみようと思っている人に向けてMixerのメリットを紹介しようと思います。

既に他の配信プラットフォームで有名な人

もう既に他の配信プラットフォームで配信しており、今回の出来事でMixerに興味を持った人に向けたMixer配信のメリットを紹介しようと思います。

  • FTL配信(低遅延)
  • 高画質配信
  • Mixerパートナーになりやすいかも

FTL配信とは?

FTL配信とは1秒未満の遅延で配信できるシステムのことです。

コメントをすぐ返したりと視聴者との距離が近い配信を実現することができます。

Mixerパートナーになりやすいかも?

まずはMixerパートナーになる条件を紹介します。

  • アカウントが作成から 2 か月以上経過していること
  • フォロワー数が 2,000 人以上であること
  • 重複しない日付で月に 12 日以上配信していること
  • 1 か月に 25 時間以上配信していること
  • ご利用のリージョンまたは地域で定められた成人年齢以上である
  • 使用条件とユーザーの行動規範に従っていること

パートナーになる条件は結構厳しいですね。

ただ他の配信プラットフォームで既に有名な人は別の条件をクリアすることでMixerパートナーになれるかもしれません。

  • YouTubeの過去30日間で10万回の視聴
  • Twitchで平均300人以上の同時視聴者
  • Twitchのパートナーステータスを持っている場合、または有名人や業界関連の組織を代表している場合も特別な考慮事項あり

この条件を満たしているのであればMixerパートナーに申請してみてはどうでしょうか。(申請は恐らく英語で出す必要があるかもしれません)

How do I become a partner? (Partnership Requirements)
The Mixer Partnership Series Am I ready to be a Mixer Partner? Partnership Requirements Mixer Partnership Quality Review What happens in the Partnership Review...

今から配信を始めてみようと思っている人

今から配信を始めてみようと思う人や色んな所で配信してみたいという人に向けたMixerのメリットを紹介しようと思います。

  • 誰でも収益化可能
  • FTL配信(低遅延)
  • 高画質
  • まだ未開の地

さきほどMixerパートナーになる条件は厳しいねという話をしましたが、収益化するだけならとても簡単に行うことができます。というのも収益化の条件が殆どないからです。

まあ収益化したからと言ってお金がすぐ手に入るわけではありませんが、モチベーションの向上につながるので気になった人はぜひ調べてみてください。

発展:Mildomはどうなの?

条件を満たせば時給500円でゲーム配信ができることで話題になったMildomについても話していこうかと思います。

なぜMildomについて話すのかと言うとMixerとMildomは真逆のことを行っていると私は思ったからです。

  • Mixer:有名配信者を引き抜く
  • Mildom:有名無名に関わらず多数引き抜く

全く真逆のことを行っています。MixerもMildomもどちらも資本はしっかりとあるのでどちらが成功するのかちょっと分かりません。

正直MildomはいまMixerが直面している”配信者が増えても視聴者が増えない”状態になるのではないかと予想しています。

関連[2019年版]OBS Studioを使ってMixerで配信する方法を紹介

関連Shroudが移行したMixerとは?視聴者数はどれくらいなの?

かわず

「かわずゲーマー」管理人のかわずです。ゲームをメインに本・動画・デバイスなど様々な情報を発信していきます。

かわずをフォローする
タイトルとURLをコピーしました