日本のeスポーツタイトル格付けが発表!個人的な感想を書きます

配信技術研究所株式会社が日本のeスポーツタイトルを格付けした「Esports Tiers in Japan 2019」を発表しました。

今回はその日本のeスポーツタイトル格付けをみて色々感想を述べていこうと思います。

いつもとは違い今回はただのeスポーツファンが思ったことを書いてるだけの雑談記事です。流しながら読んでください。

今回の内容
  • 日本のeスポーツタイトル格付け
  • 日本のeスポーツタイトル格付けの特徴
  • 日本のeスポーツタイトル格付けの感想

この3つについて書いていくつもりです。

日本のeスポーツタイトル格付け

上の画像が日本のeスポーツタイトル格付けです。

このTier表は視聴時間で区分されており、Tier1は1億分以上・Tier2は2000万分以上・500万分以上をTier3として位置づけています。

Esports Tiers in Japan 2019 — 配信技研
日本語での解説は英語に続きございます。 General This is an Esports Tier List sorted by minutes watched for Japanese gaming competition broadcasts. Its purpose is to indicate wh...

私はこの記事を読んで以下の2つが気になりました。

  • Tierは視聴時間で区分
  • LoLは新たにTier0を設けれるほど他に差をつけている

Tierは視聴時間で区分

この格付では視聴時間でゲームタイトルをTier1~3に分けています。

ただ視聴時間だけだとそもそものゲームの試合時間に影響されるのではと思ったりもしますがどうなんでしょう?

バトロワ系は試合時間はあまり変わりませんが、DTCG系は試合時間が長引いたりする印象があります。

LoLは新たにTier0を設けれるほど他に差をつけている

これは結構衝撃でした。

というのも少し前はMOBAは日本では流行らないなどと言われていたのでLoLは日本では不人気のジャンルだと今でも思っていたのです。

私自身LoLを殆どやったことがなく大会も一度も見たことがありませんでした。これを機に大会を覗いてみようと思います。

日本のeスポーツタイトル格付けの特徴

日本産タイトル

  • モンスターストライク
  • 大乱闘スマッシュブラザーズSpecial
  • ストリートファイターV
  • 鉄拳7
  • スプラトゥーン2
  • ぷよぷよeスポーツ
  • 大乱闘スマッシュブラザーズDX

やはり日本産タイトルが多いですね。海外だと「鉄拳7・ストリートファイター5・大乱闘スマッシュブラザーズSpecial」がTier表に載ると思うのですが恐らくTier3に分類されるでしょう。

個人的に気になったのはスポーツ系のタイトルが全く載っていないことです。海外だと「FIFA・Forza」などが人気なのですが日本では微妙なのでしょうか?少なくとも「ウイニングイレブン」は載っていると思っていました。

モバイルゲーム

  • モンスターストライク
  • シャドウバース
  • 荒野行動
  • Identity V
  • クラッシュロワイヤル

これも日本特有なのではと思います。「クラッシュロワイヤル・シャドウバース」は海外でも人気ですが他のタイトルはあまり聞きません。

海外だと「伝説対決・PUBG Mobile・Auto Chess」がeスポーツタイトルとして人気です。

スポンサーリンク

ゲームジャンル

eスポーツで人気のジャンルは以下のとおりです。

  • シューティング
  • MOBA
  • RTS
  • DCCG
  • スポーツ
  • 格闘

この中でMOBA・RTS・スポーツが日本ではあまり人気ではないようです。

逆に海外でMOBAはシューティングジャンルを凌ぐほどの人気があります。

賞金総額で順位づけ

日本のeスポーツタイトル格付けに載っているタイトルを賞金総額で並び替えてみます。

参考にするのはESPORTS EARNINGSというサイトです。(2019年のデータ)

※「モンスターストライク・荒野行動・Splatoon 2・ぷよぷよeスポーツ・Identity V」のデータは無かったためここでは紹介しません。

  • Fortnite:約69億円(第1位)
  • Counter-Strike: Global Offensive:約16億円(第3位)
  • League of Legends:約7億2000万円(第5位)
  • Call of Duty: Black Ops 4:約7億円(第6位)
  • PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS:約6億6000万円(第7位)
  • Rainbow Six Siege:約3億8000万円(第9位)
  • Hearthstone:約3億5000万円(第10位)
  • 大乱闘スマッシュブラザーズSpecial:約9300万円(第18位)
  • ストリートファイターV:約4900万円(第20位)
  • 鉄拳7:約4800万円(第21位)
  • 大乱闘スマッシュブラザーズDX:約2000万円(第33位)
  • シャドウバース:約1700万円(第34位)

圧倒的Fortniteですね。ただこのFortniteが日本のTier表だとTier3に位置するのだから驚きです。

日本のeスポーツタイトル格付けの感想

正直この格付を見たときの感想は驚きでした。

  • LoLがTier1って本当?
  • ウイニングイレブンないの!?
  • モンスターストライクってそんなに人気なのね
  • FortniteがTier1じゃないだと・・・

LoLがTier1って本当?

少し前までは日本ではMOBAは流行らないと言われており、私もずっとそう思っていました。なのでこのTier表を見たときは衝撃でしたね。

先程も書きましたが私はLoLをほとんどプレイしたことがなく大会を見たことがないので、これを機にプレイしたり大会を覗いてみたりしようと思います。

ウイニングイレブンないの!?

去年ウイニングイレブンで日本代表が優勝したというニュースがあり、日本のeスポーツ界隈が盛り上がりました。日本のeスポーツを語るときはウイイレの話は必ずと言っていいほど出てきます。

誰でも親しみやすく大会も開きやすい部類だと思っていたのですがあまり人気ではないんですかね?

モンスターストライクってそんなに人気なのね

わたしは一回もモンスターストライクをプレイしたことがないのでここまで人気とは思いませんでした。

というかモンスターストライクって6年前のゲームなんですね。

FortniteがTier1じゃないだと・・・

1番の衝撃。

日本でも人気だと思っていたのですが、大会数自体が少ないのでしょうか?

まあ正直言うとFortniteの大会って見にくいんですよね。画面全体が建築物で覆われてしまうのでFortniteに詳しくないと良く分からない大会に見える思います。

なのでそういう意味でも人気がないのかなと思っています。

まとめ

今回はeスポーツに関する記事を書いたのですが全然知らないことがいっぱいありました。

いつもは好きなゲームをプレイしてその大会を見ているだけでしたが、これからはいろんな大会を見てみたいと思います。そしてそのためにはゲーム自体を知らないといけないと思うのでそのゲームもプレイしていこうと思います。

まずはLoLを始めるぞ!

参考記事
かわず

「かわずゲーマー」管理人のかわずです。ゲームをメインに本・動画・デバイスなど様々な情報を発信していきます。

かわずをフォローする
タイトルとURLをコピーしました