2019年おすすめ!ゲーミングPCの買い方&メーカーを紹介

eスポーツ大会やゲーム配信を見て「自分もパソコンでゲームしたい!」と思い、パソコンを買おうといろいろ調べてみたけど、結果こんな不満・疑問を持ちませんでしたか?

  • 値段の差が激しいけどどう違うの?
  • パーツが多すぎて訳がわからない
  • デスクトップとノートはどっちが良い?
  • そもそもどこで買えばいいの?

初めての人はゲーミングPCを買おうと思ってもどうすれば良いのか分かりませんよね。私も初めて買う時はいろいろ調べて悩んで買いました。

そこで今回はゲーミングPCをどういう風に買えばよいのかを紹介しようと思います。

ゲーミングPCの買い方心得

ゲーミングPCは価格が高いほど、比例して性能も高くなります。もちろん手持ちとの兼ね合いもあると思いますが、安いものを買ってしまうと逆に損してしまうでしょう。安くて性能の良いゲーミングPCは存在しないので注意しましょう。

あと買う時はBTOパソコンを選びましょう。BTOとは”Build To Order”の略で、自分の好みでパソコンの構成をカスタマイズできるのが特徴です。

①先に予算を設定すべし!

ゲーミングPCは値段の差がかなり激しいです。自分の理想通りにパーツを選ぶと、優に30万円は超えてしまいます。さらにプレイしたいゲームによっても十分遊べるパソコンかどうかの基準が変わってきます。

なので先に予算を決めておくことが大事です。

ここでゲーミングPCを買うときに役立つ予算のボーダーラインを紹介します。

  • ~10万円
  • 10~15万円
  • 15~20万円
  • 20万円~

この3つの基準ではじめはゲーミングPCを選んでいけばいいと思います。

※マウスなどの周辺機器は予算に含まれておりません。

~10万円(ロースペック)

あまりおすすめしない。

「お金がほんとに無いんです。」という人以外は買うべきではありません。というのも10万円くらいのゲーミングPCだと最新の3Dゲームは最低設定でもぎりぎり動くか動かないかのラインだからです。

「昔のゲームをプレイしたいだけだから。」という人ならまあ良いのですが、これを買うくらいなら+5万円掛けてスペックアップしたほうがお得でしょう。

10~15万円(ミドルスペック)

おすすめ!初めての人向け

いわゆるミドルスペックと呼ばれるPCがこの価格に当たり、初心者の方にもコスパが良いのではと思います。性能に関しては最新の3Dゲームを最高設定で遊ぶのは難しいのだけれど、設定をうまく調整することで快適に遊ぶことが出来ます。ついでにゲームの実況配信もゲームを選べば行えるスペックです。

ただ2年・3年経つとゲームの性能が上がりスペック不足になることもあるので、少しお金に余裕がある人は15~20万円のゲーミングPCを選んだほうが良いでしょう。

15~20万円(ハイスペック)

1番おすすめ!後悔はしないはず

初心者には少し高すぎるかな?というくらいの価格です。ただ高くても損はありません。現行のゲームはもちろんのこと将来発売されるゲームも十分遊べるスペックです。

「PCでゲームを続けるか分からない」という人は10~15万円のPCで良いですが、「がっつりゲームをやるぞ」という人はこの価格のゲーミングPCを買うのが良いでしょう。

20万円~(超ハイスペック)

お金に余裕がある人向け

この価格になると初心者向けとはあまり言えません。別に欠点があるというわけではなく、この価格のゲーミングPCを買えば高い設定でも快適にゲームを遊ぶことができます。

ゲーム実況・配信も視野に入れている人は+αの費用も見越して予算を組みましょう!

②ゲーミングPCの構成を把握しよう!

ゲーミングPCの基本構成を見ると聞いたことのないパーツがたくさん書いてありますよね。

Windows 10 Home 64ビット [DSP版] Core i7-9700K インテル Z390 Express DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(4GB×2) 250GB NVMe対応 M.2 SSD 1TB Serial-ATA HDD DVDスーパーマルチ GeForce RTX 2070 SUPER 8GB GDDR6 ミニタワー / microATX 700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

パソコン工房より

上を見ても何が何やら・・・そんな人のために見るべきポイントを紹介します。

ゲームの動作環境をチェック

自分がプレイしたいゲームの動作環境を調べてみましょう([ゲーム名 動作環境]で検索すれば出てきます)。

BF5
BF5動作推奨環境
Originより
MONSTER HUNTER: WORLD
MONSTE HUNTER: WORLD動作推奨環境
Steamより

この2つを比べてみるとOS・CPU・メモリー・GPU・ストレージについてどちらでも書いてありますよね。これはどのゲームの動作環境を見ても基本書いてあります。

この内CPUメモリーGPUストレージの4つが見るべきポイントです。

重要度でいうと、GPU=CPU>メモリー>ストレージです。少し前まではGPUが最も大事だったのですがここ最近ではCPU性能も必要なゲームが多いです。

GPU

GPUはグラフィックカードのことで、ゲームのグラフィックに関わるパーツです。基本GPUを中心にゲーミングPCを選んでいく人が多いです。

  • GTX1660Ti:ロースペック
  • GTX2070:ミドルスペック
  • GTX2080Ti:ハイスペック

CPU

CPUはパソコンの核となる部分で様々な処理をしています。ここを強化することでパソコン自体の性能が上がります。

  • Core i3:ゲーム用としては微妙
  • Core i5:十分遊べる性能
  • Core i7:第9世代のK付きモデルが良い(Core i7-9700Kなど)

メモリー

メモリーはデータやプログラムを一時的に記憶しておくパーツです。容量の違いがパソコンの動作速度に影響します。

  • 4GB:最低確保しておきたいライン
  • 8GB:十分遊べる
  • 16GB~:将来的にもOK!

ストレージ

ストレージはデータを記憶しておくパーツです。ゲームの読み込み速度などに関係します。

  • HDD:他よりも読み込みが遅い
  • SSD:おすすめ!
  • M.2 SSD:これからの時代向け

SSD+HDDというハイブリッド構成が多いです。

スポンサーリンク

ゲーミングノートPCはどうなの?

いままではゲーミングデスクトップPCを紹介してきましたが、ゲーミングノートPCも視野に入れて購入を考えている人もいると思います。

個人的な意見としてはゲーミングノートPCもおすすめではあるが、デスクトップのほうが断然良いというのが結論です。

ゲーミングノートPCのメリットは、

  • コンパクトで携帯性がある
    • 持ち歩くことができる
    • 周辺機器(キーボード、モニター)が一体化
  • ゲーミング以外の用途でも使いやすい
    • 動画編集などのクリエイター向けにも使える

の2点が挙げられます。

逆にゲーミングノートPCのデメリットは、

  • デスクトップと比べると値段が高い
    • 小型化すればするほど値段が上がる
    • コスパが悪い
  • 発熱が少し気になる
    • 酷いわけではない
  • 拡張性の無さ
    • スペースがない

の3点が挙げられます。

RazerのノートPC

Razer Blade Stealthの写真

ゲーミングデバイスで有名なRazerが出しているノートPC。

驚くほど薄くてスタイリッシュなブラックアルミ製ユニボディ限界まで性能を詰め込んでおり、さらにRazer BladeとRazer Blade Proなら単体でVRヘッドセットにも対応できます。

  • Razer Blade Stealth → 一般向け
  • Razer Blade → コアユーザー向け
  • Razer Blade Pro → プロ向け

以上の3種類があり自分に合ったゲーミングノートを選べます。

ゲーミングPCはどのメーカーのを買えばいいの?

最後におすすめのゲーミングPCショップを紹介しようと思います。

セールを狙って買うとかなりお得です。

パソコン工房「Level ∞」

様々な構成のゲーミングPCが売られており、自分がほしい且つコスパの良いパソコンを買うことが出来るショップ。

eスポーツ大会の中でも勢いのあるPUBG JAPAN SERIES(PJS)において、選手が使うPCを提供しているので安心度は間違いないでしょう。

売れ筋1位のPCはこれ!

プロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」コラボレーションモデル

  • CPU:Core i7-9700
  • GPU:GeForce RTX 2070 Super 8GB
  • メモリー:16GB(8GB×2)
  • ストレージ:240GB SSD+1TB HDD
  • 価格: 169,980 円(税別)~

パソコン工房の公式サイトはこちら

マウスコンピューター「G-tune」

ゲーミングPCが比較的安く買えるショップ。

最近では乃木坂46が出演しているCMが話題になり評判が良いです。

売れ筋1位のPCはこれ!

NEXTGEAR-MICRO im610SA6

  • CPU:Core i7-9700
  • GPU:GeForce GTX 1660 6GB
  • メモリー:16GB
  • ストレージ:M.2SSD 256GB + HDD 1TB
  • 価格:144,800円(税別)~

マウスコンピューターの公式サイトはこちら

ドスパラ「GALLERIA」

人気ナンバー1のゲーミングPCショップ。無料アップグレードなどキャンペーンが魅力的です。

ゲーム推奨PCが多いのでそこから選んでみるのもアリ。さらに日本eスポーツ連合(JeSU)公認PCも発売されています。

売れ筋1位のPCはこれ!

GALLERIA XF 基本モデル

  • CPU:Core i7-9700K《無料アップグレード中》
  • GPU:GeForce RTX2070 SUPER 8GB
  • メモリー:16GB《無料アップグレード中》
  • ストレージ:M.2SSD 512GB + HDD 2TB《無料アップグレード中》
  • 価格:164,980円(税別)~

ドスパラの公式サイトはこちら

@Sycom(サイコム)

15万円以上のハイスペックなゲーミングPCが人気のショップ。

人気プロゲーミングチームDeToNatorとのコラボゲーミングPCも発売されている。

BTOパソコンのパーツの選択肢が多く半自作感覚でPCを買うことができます。

売れ筋1位のPCはこれ!

Radiant GZ2800Z390

  • CPU:Core i3、i5、i7から選択
  • GPU:オンボード
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:HDD 500GB
  • 価格:113,110円(税別)~
  • 備考:カスタマイズ豊富

@Sycom(サイコム)の公式サイトはこちら

ゲーミングスマホ

ゲーミングスマホ「Black Shark2」

  • 最高クラスCPU「Qualcomm Snapdragon 855」搭載
  • メモリー6GB + ストレージ 128GBの大容量
  • 排熱処理に液冷(水冷)を使っている世界でも珍しいスマートフォン
  • タッチ反応速度 240Hzで高度なゲーム操作に対応
  • フロントにある2基のスピーカーで臨場感あふれるサウンド表現
  • ゲーム用に最適化されたデザイン
  • 超ハイスペックスマートフォンが衝撃価格49,800円(税別)

ゲーミングスマホ「Black Shark2」のストアはこちら

かわず

「かわずゲーマー」管理人のかわずです。ゲームをメインに本・動画・デバイスなど様々な情報を発信していきます。

かわずをフォローする
タイトルとURLをコピーしました